2020年11月の確定拠出年金の実績☀️

2020年11月30日

iDeCo 運用 確定拠出年金 実績

2020年11月の確定拠出年金の実績は、株式市場の好調を受けて9月10月の損失を一気に取り返すことができました🤗

確定拠出年金の運用実績

2020年11月30日時点での実績(対前月)は次の通りです。

  • 資産残高:838万円 (+38万円)
  • 損益:324万円 (+36万円)
  • 損益率: 63.1%

確定拠出年金の投資商品ごとの状況

商品拠出割合資産割合
第一のつみたて年金(5年)0%(0%)15.95%(-1%)
あおぞらDC定期(1年)0%(0%)9.84%(0%)
三井住友DCつみたてNISA
日本株インデックスファンド
30%(30%)16.41%(1%)
三菱UFJ純金ファンド20%(20%)16.77%(-2%)
EXE-i 新興国株式ファンド0%(0%)0%(0%)
DCニッセイ外国株式インデックス30%(30%)35.91%(2%)
野村外国債券インデックスファンドDC20%(20%)5.12%(0%)

まとめ

大統領選挙の結果が実質的に決まったこと、コロナワクチンのニュースにより、株式市場が大幅に上昇したことで資産が回復しました。

今は好調な株式市場ですが、半年以内に調整があると見ていますので、利益分を段階的に確保しておこうと考えています。まずは、資産割合が突出してしまった外国株式インデックスの5%を、外国債券インデックスファンドにスイッチングするのが良さそう。

f

このブログを検索

過去の記事

フォローミー